昨日は御疲れ、今日もがんばろう!!

今出来る事を頑張って!!沢山の活動をしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

11月も始まり 

 またまた1か月以上経ってしまいました。先月も忙しさは上々!!

 議員としての動きは大分慣れてきましたが、4年目だから仕方ないか・・・

 今年度から復活した幼稚園の役員も久しぶりに味わいました。

 愛娘の運動会では、2年目のブランクがあり、結構変わっていたところもあり

 また、その間頑張っていたママさん方が頼もしかった。

 素晴らしい運動会になったと思います。皆さんお疲れ様でした。

 今月の末からは12月の定例議会が始まります。只今一般質問の原稿について

 頭の中でぐるぐる考え中、何とか市民ための市政が前進できればと思える内容にしたいせいか

 いつも空回り、でも伝えていかないと、一生やってくれる可能性はひょっとしたらない。

 やらないよりはやる、無駄だと思われてもやり続けることで自分を磨く・・・

 ということで今月も頑張っていきます!!
スポンサーサイト

△page top

あっという間に10月 


 もう10月になりました。暑かった夏のようで実は雨が多く日照時間も少なかったため、

 農作物の影響は少なからず出ていますね。

 自然にはやはりかなわないですね。

 さて、9月議会は決算の議会とも言われ、昨年の27年度1年間の成果を検証する議会でありました。

 使った税金の効果はどのようになったのかも含め、各委員会においてしっかりと審査致しました。

 現在は28年度、27年度も参考にしながら29年度の予算についても検討が開始されていきます。

 これからの地方の行政の課題は、国からの交付される税金の減少が訪れることによる、無駄の省きや、箱モノの

 老朽化による施設維持の為のお金。どれが必要で、どれが不要かを早く見定め、手を打たないと、維持管理費のみで

 莫大な金額がかかります。少しさみしい感じもしますが、今後もより安定した行政サービスを続ける為には苦渋の決断も

 出てくると思います。

 何もしなかった場合では、最低限のサービスは続けることが出来ても、なかなか市単独でのサービスの充実が出来なくなります。

 理由が人口減少問題も含め、その影響による民生費(扶助費)の問題、、、

 人口ピラミッドを見ると年配の人口が多く、それを支えるこれからの子ども達や若者たちの働く人口が少ないことで

 支えるまでにはいかない現状が既に置き始まっているからです。

 今後の対策としても、その支えられる側の世代の方々が、とにかく医療費の支出を抑える努力をして頂けることが必要です。

 簡単に言えば、健康で元気で暮らすことで支出を抑えることが出来るということです。

 自分たちの街の現状がどういう状況にあるかをもっと知ってもらえるように成ればと思っています。

 これからの人たちにも未来を語ってほしいし、自然たちのビジョンとしても夢を語ってもらえるような、

 そんな街に近づけるように、頭ひねって行政にも訴えていきたいと思います。

 

△page top

9月議会が始まりました 


 昨日から、那須塩原市市議会9月第4会回定例会がスタートしたいました。

 9月は新たな補正予算もありますが、決算の認定についてもとても重要な議会となります。

 先ごろの勉強会で、決算の質疑とは、予算に対しての検証、実際の執行率及び執行残、そして

 その効果の検証についてを聞くことが一番だということを、学ばさせて頂いた。今更かとも聞こえてきそうだが

 より効率的で、効果的な質疑を心がけたいと思っています。

 決算を見ることがでいなければ、次回の予算に対しても強く要望をいえない所があります。
 
 使ってしまったものをどうこう言っても仕方のないものなのですが、これが結構肝心です。

 しっかりと調査して行きたいと思います。
 

△page top

一か月が早かった 

 8月ももう一週目を過ぎました。夏真っ盛りの季節、子ども達の夏休みもあり、終日家庭はにぎやかです。

 さて、7月は怒涛の一か月でありました。というのは、議員の派遣で6月に姉妹都市締結をしたオーストリア共和国リンツ市を訪れることになったからです。飛行機での移動はざっと12時間もちろんそんな時間飛行機乗ったことはなく、ただでさえ苦手であるので最初はお断りをしておりました。しかし現在の常任委員会の所属と役職のせいもあり、先輩議員より「行くしかないでしょ」といわれ、最終的には受けさせて頂いた経緯があります。
 7月の4日から11日迄、フライトは緊張していたので、ほぼ寝ることは出来ず・・・・
 無事にウィーンの空港に着陸するや、疲れがどっと出て、眠くなるはずが、興奮してしまい寝る時間がさらになくなる羽目に・・
 今回の工程は3日間が姉妹都市リンツ市に、2日間がザルツブルグ市、最終日がウィーンといった工程。

 リンツ市に関しては中学生の交流事業が発端なのと、この度の那須塩原市との姉妹都市の契機となった、青木周蔵氏の子孫の方のご努力とか。普通なら海外との交流なんて、、と思われることもあるのですが、姉妹都市をこちらから一方的にではなく、相手国も受けたところに、本市との提携はプラスになるということも考えられたのでしょう。

 気候も雰囲気もすごく似ており、建物と交通が大きく違うのかなとの第一印象でした。
 石造りで地区〇〇〇年とかそれ以上のものばかり、環境にも優しい電気を使った公共交通、車の数は日本に比べれば少なかった気がしました。
 
 商工会議所、農林会議所、子ども達が毎回お世話になっている、LISA(学校の名前)、今回の締結に尽力いただいたニクラムサルム伯爵のお城などを視察しながら、視察団として様々な意見交換を行いました。

 書き出すと長くなっちゃうので、、、

 その他議会関係で一週間丸々使われ、会派の視察もあり、7月はあっという間にすぎてしまった!!ということです。

 8月は、ぎゅうぎゅうではありませんが、それなりの議会の集まりは入っております。
 
 また、9月議会で行う一般質問の作成も行わなきゃ。

 皆様も暑さ対策は十分に行って、素敵な夏をお過ごしください。




 

△page top

今年も後半戦 

 
 大分長い間更新をしておりませんでした。只今参議院選の真っ最中です。全県で一人区という熾烈な選挙戦を繰り広げておりますね。
 最近の選挙については、投票率の低下が騒がれています。
 これを真摯に受け止めると、議員なんてロクなことしないから、投票なんてしてやるか!!みたいな解釈なのでしょうか?
 心が痛みます。特に市議会議員なんかは、頼りがいがある、ないにかかわらず、その地域で押された議員が当選するからです。
 地域占拠であるがゆえに、その考えでもおかしくはないのですが、地域にとってだれがいつどのようなときに必要としているかを見落とすと、議員なんて何もしないという解釈になるのだと思います。
 一緒に活動を出来れば、人となりを見せることも出来ますが、図々しくなければ、なかなかお声がけが私の場合は出来ません。(^_^;)
 また、議会としては、行政とのやり取りをしっかりとみて頂く、議員には議決権という権限があり、これをしっかりと行使出来るかで、行政の監視或いはチェックをしていきます。
 代わりに市長サイドは執行権と言って、実際に計画を行動に移すことが出来るものがあります。
 議員は提案が出来ますが、執行することが出来ません。
 対して執行権を持つ市長は、計画予算を準備しても、議会の議決をもらはなければ、実行することが出来ません。
 この力関係を、お互いの主張からより良い方向に市の運営を持って行く為には、計画づくる市行政側に、しっかりとした議員力をもった議員が毅然として向かい合わなければならないと思っております。
 こういった行動をすべて見て頂き、関心を増やしていかなければ、投票率の向上は見込めないものと思います。
 あとは、有権者の方々の意識の持ち方だと思います。
 どんな選挙でも、しっかりと投票に行くこと。これを原則として支持する方に地域を託すことが必要ですね。

 これから暑いシーズンになります、皆様も暑さ対策忘れずに!!

タグ: 那須塩原市 

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。